お店側にフェイクのサポートがない場合

さきほどのようなお店側のサポート体制がない場合には、お酒が飲めない女の子や、お酒に弱めな女の子はなんとか次の手を考えていかないといけませんよね。

でもサインでも無理で…となった場合にはどうすればいいのでしょうか。
その次の手としてここで有効なのが、お酒が飲める女の子にバトンタッチするという方法。

キャバクラである以上、自分がお客様と話しているときに少なからずフリーの子などもいたりすると思います。

そこで、お酒が飲めるキャストさんに協力を要請できるようにしておけばいいのです。
あらかじめお酒が飲める女の子にはしっかりと何かあったときにサポートしてもらえるように話しておくこと。
元々自分がお酒には弱いことを伝えておけば、いざというときにはとても便りになると思いますよ。

他のキャストさんにバトンタッチ

それこそヘルプでついてもらってもいいでしょうし、指名でないのならそのままバトンタッチしてしまうというのもアリだと思います。
ある程度いなせるような相手ならいいでしょうが、自分の頼んだお酒をとにかく飲ませようという男性も結構多いですから、そういったときにはこのように他のキャストさんにお願いしていくのが一番スムーズにかわせる方法になるのではないでしょうか。